So-net無料ブログ作成

力を抜くということ。 [日記]

最近神保町のマイソールが混んでいるという噂らしい。
曜日によるのかもしれないけど、確かに混んでる時は通路までめいっぱい使う時も。
マットが良いヤツになったから人気あるのかな?
タオル敷いて使えばレンタル料も取られないし。

でも火曜はわりと空いてるかも。
そんなにぎゅーぎゅーってほどにはならない。
それもあって、つい火曜に行っちゃうんだけど(笑)。


練習を始めると、それまでのおしゃべりがだんだん静かになっていって
そのうちみんなの呼吸音だけになる。
この瞬間が好きだ。
個人個人で別々のことをしているのに空間を共有してる感じ。
ひとりだけどひとりじゃない。

最近『おもさに貞く』という本を読んで、とても印象深い文があった。
416i4sVKPuL._SL500_AA300_.jpg
【力を抜くの“抜く”は、刀を抜くの抜くです。
 力を抜くことで次の動作に移る準備をしているのです。】

そうか、力を抜くということと、力を入れないということは違うんだな。
すとんと腑に落ちた。
例えば同じ言葉を聞いてもそれが誰にでもアドバイスになる訳じゃなくて、
今のわたしに今のタイミングで降って来た言葉だからプラスになったんだと思う。
こういうのって必然の出会いなのかな。

それから“力の抜き方”を意識するようになった。
ダウンドッグで腕の力を抜く。
エネルギーのベクトルは上に向かって腰が伸びる。
そうするには自然とお腹が後ろに引っぱられる。
おお、繋がった。

他のアサナでも、例えばパールシュバッコナーサナは体側を強く伸ばすアサナ。
utthita-parshvakonasana-63.jpg
強くというとつい力が入っちゃうけど、“力を入れるアサナ”ではない。
力を抜きながら、伸ばす。
よく考えたら力を入れたら身体は固くなるんだから、伸びてないんだよね(笑)。

…と、気持ちよく練習してたらなんかのヴィンヤサの時に左の肩甲骨がぐきっ

あ痛ー!

一瞬すごい痛くて肩をぐるぐる回して確認。
おかしなことにはなってないみたいだけど…微妙に違和感。
取りあえず続けてみても大丈夫そうなので、練習再開。
プライマリーも後半すぎてたのでそんなに影響もないし。

で、セツバンダ終えて、はーやれやれとバックベンドしようとしたら先生が

「ん?」
 
 え?

「こないだクランチャアサナまでやったでしょ。」

 ……えーやっぱやるのー。(心の声)

しぶしぶとパシャアサナ。
ふんぎぎぎぎ!と思わず声に出そうなくらい、脛も足首もお腹も肩も腕も「無理!」な感じです。
なんかもーこんだけどうにもこうにも出来ないのって久しぶり♪
先生のアジャストもがっちり。
むしろ先生いなかったらまったく手も足も出ないんですが。

なんとか終えて次のクラウンチャアサナ。
ヴィンヤサして、えーと…

「ヴィンヤサの時に空中で足を変える。」

ええっそんな無茶な!
とも言えず取りあえず練習してみるものの、何をどうするのかよく分からず。
で、アサナへ。
ふー終わったー。

「次、ヴィンヤサして。」


増えたーーー!


てことでいただきました。シャラバアサナ。
shalabhasana-b-94.jpg
これは出来なくないけどひたすらキツいわ。


ヴィンヤサとの繋ぎとか流れとかやり方とか、「どうだっけ?」な感じが久しぶりで新・鮮♪
というか、まだ出来ないことが色々あるのにいいのかなーいいのかなー。
まだ当分セカンドは先だろうと思ってたので、嬉しいのと戸惑いと、ちょっと複雑な気分。

お外でヨガ。 [日記]

久しぶりにいつものスタジオへ。
約1年ぶりにお外でのヨガ!
外でやるの気持ちよくて大好き。

やっぱり外ヨガは人気があるらしく参加者多め。
久しぶりに逢う友達も多くて嬉しい。
みんなでマット抱えてジャージでぞろぞろと、近くの川縁まで歩いていく。
ちょっと薄曇りで、暑くもなく寒くもなく日焼けの心配も虫さされの心配もなく(笑)
ちょうどいい感じ。


遊歩道のはじっこにマットを敷いて準備。
始める前に、下が石畳なのでジャンプバック&スルーは禁止と、先生から注意。
これ、むしろわたし達より先生が大変だったみたい(笑)。

「外なのでいつものように頑張る練習ではなく、気持ちよく楽しみましょう」と先生。
マントラももちろん唱える。
通りすがりの人達から見たら、わたしたち多分そうとう怪しい。

エーカムインヘルで、息を胸一杯に吸い込む。
見上げた手の先には果てのない空。

歩道といっても若干傾斜してるので、スタンディングが意外にやりづらい。
特に前傾するパールシュボッターナとかヴィラバドラのAがバランス取り辛かった。
ヴィラバドラあたりから“ジャンプ”が入ってくるので、そのたびにカウントを言い直したり
言葉につまったり(笑)。
こっちもこっちでジャンプが身体に染み込んでるので、全部ジャンプしないってのは
けっこうなストレスだ。
後半こっそり何度かジャンプしちゃった。ふははは。

今日はハーフまでなのでカウントもゆっくりめ。
レッドクラスに出ること自体も久しぶりなのでハーフくらいのカウントだとちょうどいい。

シッティングになるといつもはマットから足がはみ出てるのだけど石畳だとそうもいかず、
上手い事身体をズラしてマットの真ん中あたりを使う。
なんか不思議な感じ。

ナバーサナ終わってバックベンド。
「せっかくだから川の方向いてやりましょう。」と、みんな180度体勢を変えて
頭を川の方へ。
うっすらと差した日射しが川面にキラキラ反射する。
たーのしー。

「なんとかして方向転換してチャクラアサナ!」

ええっ危ないからっつってジャンプしないのにチャクラアサナはすんの(笑)?!
チャクラアサナも結構危なくないですか先生!


ふー、と正面に向き直ったわたしたちに「………終わり。」


唐突ですね先生!


シャバーサナもやりたかったな。
でもそれも相当あやしいね。

すっきり。 [日記]

結局9月の下旬は予定が立て込んでたり仕事が忙しかったり風邪ひいたりで、
ほとんど練習出来ず。

で、来週も再来週も金曜の夜クラスに行けないので、残業しちゃったけど
無理矢理荻窪のマイソールクラスへ。
会社を出る時にもうクラスオープンの時間だったんで行くか迷ったけど、なんかもう
やらずにはおれない!って気持ちになってしまった。
しかも電車も混んでて更に遅れて到着。
急いで着替えて準備。


マットに立って深呼吸。
マントラ唱えながら日常と切り離す。

前は1週間も練習が空いたら不安でしょうがなかったけど、なんだか今は
すぐにスイッチが入るって思えるようになった。
アシュタンガでは一度身体で覚えたことは忘れない。
停滞はあっても後退はないよってKH先生に言われた事があったけど、
何度も何度も繰り返し練習して、やっと“覚えられた”気がする。
今出来ることは夏の身体だからじゃない。
これがデフォルト。

スリヤナマスカラの1回目から身体がスムーズ。
時間もないのでABどっちも3回にしておく。
呼吸は急がず。

病み上がりなのと個人的にムーンディなのとで、後半のヴィンヤサがちょっとバテる。
シッティングはどこまで深めていいのか、ちと迷うところ。
マリーチDはやめておく。

ハーフでやめても良かったんだけどやっぱりスプタクルマがやりたくて
ブジャピダ突入〜。ジャンプ!
降りてあごつけるの、もうちょっとなんとかならないかなー。
アームバランスの問題?

スプタクルマは一度自力でやったあと起き上がって足をかける練習。
時間がなくてもこれはやりたい。
アジャストしていただいて完成。スハー。
後ろに足まわす時に、最初に腕に膝乗せる位置を工夫した方がいいのかな。

スプタクルマ終わってあとは猛ダッシュ。
ごめんなさい、かなりやっつけ仕事でした。

バックベンドもスムーズ。
上がったあと自主的に手を足の方に進ませてみる。
うん、いけるいける。
いつもは壁でも練習するんだけどなんだか調子いいので、すぐにドロップバック。
まだ上がる時の足が弱いな。うん。
でも降りてからはだいぶ楽になった。

ドロップバックって他のアサナと違って、最初からアジャストありきでやるから
自分で出来るようになる判断がつきにくい。
どの辺で「よし自力でいける!」って分かるようになるんだろう。
今度先生に聞いてみようかな。

フィニッシング終えてマットを片付けようとしたら、ちょっとだけでもいいから
シャバーサナしなさいと先生に止められる。
時間がないのもあったけど、横になったらまたマジ寝しそうで恐かったんだよね(笑)。
帰りはお向かいの美味しいパン屋さんで自分へのご褒美にプリンを購入〜。

良い練習とは言いがたい内容だったけど、やっぱり行って良かった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。